はじめてのハムスター🐹飼育日記

YouTubeでもハムスターの動画を配信しています。

ハムスターのストレスの原因・解消法をご紹介!

f:id:potehamuch:20220224184857j:plain

ハムスターがストレスを感じるとどのような行動をするのでしょうか?ストレスのサインとして、フリーズする・身体を低くする・噛む・鳴く・逃げる・隠れる・おしっこやフンを漏らす・下痢をする・砂浴びをする・顔や身体を掻く、などといった行動が見られます。

ハムスターはどんな時にストレスを感じるのか、またストレスがかかるとどうなるのか?この記事ではハムスターのストレスの原因・解消法を詳しくご紹介します。

ハムスターのストレスの原因

気温の変化

ハムスターに適した温度は20〜26℃です。夏場は暑さ対策を、冬場は寒さ対策を、それぞれの季節に適した飼育環境を用意してあげないと体調を崩し、ストレスを感じてしまいます。

ハムスターは繊細な動物のため、音にとても敏感です。ペットのハムスターは人間との生活環境で多くの音にさらされています。多くの生活音を『安全な音』と『危険な音』に聞き分けているため常にストレスを感じやすくなっています。特に大きな音にストレスを感じることが多いです。

明るさ、光

夜行性のハムスターは暗闇で生活することに慣れています。夜にケージ内や付近が明るかったり、昼に暗いといった環境ではストレスを感じてしまいます。

巣や隠れられるところがない

ハムスターは本来穴を掘って、その中で生活する動物です。そこで、ケージ内にも安心して過ごせる巣や隠れられる場所がないとストレスを感じるようになります。床材にもぐって暖をとったりすることもあるため、床材不足にならないよう気をつけてあげましょう。

食べ物や水がない

食べ物や水が不足していて空腹状態が続くとストレスを感じやすくなります。給水器には新鮮な水をいつでも飲めるようにセットし、エサの時間は基本的に夕方以降のだいたい決まった時間に与えることです。

人間の構いすぎ

過度なスキンシップでもストレスを感じてしまいます。飼い始めは特に触りすぎには注意が必要です。飼い主がハムスターにとって安全な存在と認識してから、適度にスキンシップをしてあげてください。

におい

ハムスターの嗅細胞は人間の約40倍とも言われています。人間がいい香りだと思っているにおいでもハムスターにとっては苦手な匂いの場合はストレスを感じてしまいます。室内用の芳香剤や香水などには注意が必要です。

他のペットの存在

ハムスターは縄張り意識の強い動物です。1つのケージに多頭飼いした場合では、立場の弱いハムスターが攻撃されると逃げ場がないため、非常にストレスを感じてしまいます。ハムスター以外のペットを飼っている場合でも、その存在にストレスを感じることがあります。

運動不足

ハムスターは1日10キロ以上も走ると言われており、ケージの中の移動だけでは不十分な運動量です。運動不足によるストレスも出てきますので、回し車を設置したり、ケージ外で散歩させてあげることも必要です。

走っている音も静かで気にならない「サイレントホイール」

ハムスターのストレス解消法

ではハムスターのストレスを解消する方法をいくつか見ていきましょう。うまくストレスを解消してあげないと逆効果でストレスを与えてしまうことにもなりかねません。注意点も合わせてご紹介します。

床材の見直し

ハムスターはきれい好きなので、床材が汚れていたり濡れていると不快に感じます。床材には大きく分けてペーパーチップとウッドチップがあります。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ペーパーチップ・・・

色の白いペーパーチップなら、フンやおしっこの色が付きやすいため、掃除の目安となります。さらに、柔らかいので潜り込みやすく、クッション性もあるのでヤンチャなハムスターが高いところから落ちても安心です。ただ、ウッドチップよりも価格が高価です。

ウッドチップ・・・

広葉樹や針葉樹をフレーク状にしたもので吸収性が高く、保湿性に優れており、寒い時期の巣作りにも最適です。価格も安価です。デメリットとしては、アレルギーで皮膚トラブルが出たり、木片で目を傷つけてしまう恐れもあるため注意が必要です。

ハムスターにとって適切な床材を選び、衛生面でも気をつけてあげましょう。

飼育環境の見直し

夏場はエアコンや冷却剤、冬場はヒーターなどをうまく利用し、ケージ内の適温を保つようにしましょう。

また、給水器の水はこまめに交換し新鮮なものを、エサは適量を与え、足りていないような様子がないか気をつけ、ハムスターの水不足・エサ不足にならないようお世話してあげましょう。

回し車の設置

ハムスターが運動不足にならないよう、回し車を設置してあげましょう。ハムスターの体のサイズにあったものを選ぶようにします。さまざまなサイズが販売されていますので、間違えないようにチェックし、また足元の隙間があいているような回し車では、足を挟んでケガをしてしまう恐れもあるため購入の際には必ず確認しましょう。

遊具

ハムスターにかじり木を与え、ストレスを発散させてあげるのも効果的です。かじり木はハムスターの歯の伸び過ぎ防止にもなります。いろいろな種類のかじり木が販売されています。ハムスターの好みに合わせて与えてみると喜んでくれますよ。

ステップとかじり木がセットになっています♪

ケージ外での散歩

ハムスターを部屋の中で散歩させてあげることで適度な運動効果が得られます。部屋にある電化製品のコードや配線に気をつけ、また脱走防止にサークルを設置するとより安全に部屋で散歩することができます。騒音や光にも注意しましょう。

ハムスターのケージ外でのお散歩に最適です♪

まとめ

いかがだったでしょうか?大切なハムスターが元気で長生きできるよう、日々の生活のストレスを軽減できるといいですね。飼育環境の見直しや接し方に注意してハムスターにとって最適な環境で過ごせるようお世話してあげてください。この記事が少しでも参考になれば幸いです✨